fbpx

誰にでも教育を受けるチャンスを,一人ひとりに居場所を,「助けて」その声を救うために,広がる可能性,子どもの可能性は無限大,こどもに未来を,笑顔の絶えない世の中を,未来に希望を

子どもたちが笑って過ごせる地域をつくる仲間になりませんか?

マンスリーサポーター
50人目指しています!

\シェアよろしくお願いします/

#1

目に見て分かりにくい”貧困”

公立高校には行ってほしいけど、「今のままでは厳しい」と学校の先生に言われました。

塾などに通わせたいけど、色々な事情によって、学校以外の教育を受けさせることができません。

 

「相対的貧困」とは、住む場所が無かったり、食べるものが無かったりする絶対的貧困と違い、目に見て分かりにくい貧困です。

しかし、2012年に子どもの相対的貧困率は過去最悪16.3%でした。2015年には13.9%に改善されましたが、まだ子どもの7人に1人は貧困状態であるといえます。

また、特にひとり親家庭の子どもの2人に1人は貧困であるという結果も出ています。

全国学力調査の結果から世帯年収と学力には相関関係があることが分かっています。

所得が200〜300万円の家庭と500〜600万円の家庭では正答率に7%くらいの差が見られます。

#2

“学校に行きにくい”子ども

今は学校に行けていません。本人は高校に進学したいと思っているけど、大人に対して不信感があって塾などに行くことができません。

友達関係が理由で学校に行けなくなって、コミュニケーションが苦手になっています。まずは、良い関係を作れる人を見つけて欲しくて。

学校に行きにくくなっている児童・生徒の数は小学校や中学校では2012年度以降、増加しています。

小・中学生共にその理由として「無気力・不安」が大部分を占めています。その他にも、小学生では、「親子の関わり方」や「生活リズムの乱れ・あそび・非行」が理由になっている児童が多く、中学生では、「友達関係」や「学力不振」が理由の生徒が多口なっています。

学年別で見てみると、小学6年生では16,594人、中学1年生では34,324人となっています。

いわゆる「中1ギャップ」と呼ばれる進学による環境の変化によって学校に行きにくくなっている子どもが多くなっています。

#3

自分に”自信”をもてない子

国立青少年教育振興機構の調査によると自然体験と子どもたちの自己肯定感には大きな関係があることが分かっています。

自己肯定感とは、「自分のことが好き」「自分自身が大切である」と感じることができる心のことです。自己肯定感が高いと自分のダメなところや良いところどちらも受け止め、前向きな努力を行いやすいと言われています。

一方で、自己肯定感が低いと褒められても素直に喜べなかったり、怒られると「自分なんかできない人だから」とより落ち込みやすくなります。

日本の子どもたちは世界の子どもたちと比較すると自己肯定感が高い子の割合が少ないです。

自己肯定感を育むためには何かしらの体験や経験をすることで達成経験を積ませてあげることが大切です。

しかし、昨今、ひとり親家庭の増加や共働き家庭の増加など様々な子どもたちを取り巻く環境の変化により、体験や経験をする機会が少なくなっています。

また、体験活動は自己肯定感を育むだけではなく、その体験過程で子ども同士や大人との関わりなども生まれます。ゲームやパソコン、スマートフォンの普及により、自分の思いをしっかりと表現し、伝えることが難しい子どもも増えています。

mission

兵庫子ども支援団体は「子どもが笑って過ごせる地域」を目指しているNPO法人です。

『笑顔は伝染する』と言われるように。

『笑う門には福来る』ということわざがあるように。

笑うことは、自分だけではなく周りもしあわせにします。

私たちは子どもたちが「過ごしていて楽しい」「居心地がいい」と感じられるような地域をつくります。

私たちが目指す未来

私たちは子どもたちが今置かれている状況のために「夢」を諦めることが無いよう様々な活動に取り組んでいます。

まずは、私たちが子どもたちに。そうして育まれた子どもたちは大人になったとき、きっと今度は次世代の子どもたちにも繋げてくれると信じています。

これからの地域を担っていく子どもたちが「笑って過ごせる」こと。その結果が、地域社会の活性化に繋がっていき、子どもを支えていく輪の広がりへと繋がっていくと考えています。

そして、「夢」を諦めることがない未来を実現したいと思っています。

これらの兵庫子ども支援団体の事業は全て寄付によって運営しています。

寄付収入に特化することで,様々な状況下に置かれている子どもたちへのサポートやこれから生きていくために必要な新しい力を育むための事業を提供することができるようになります。

私たちのミッションである「子どもが笑って過ごせる地域の形成」に共感し,「子どもたちが持つ可能性」を一緒に育んでいける寄付サポーターを募集しています。

兵庫子ども支援団体と共に,子どもたちの成長・未来を一緒にサポートしていきませんか?

activity

私たちの取り組み

子どもたちに学習の機会を届ける

家庭の事情により塾などに行けない(学校外で教育を受けることができない)子どもたちや何かしらの事情で学校に行きにくくなっている子どもたちに学習の機会を届けています。

学習支援では、テキスト学習による知識だけでなく、表現力や思考力、コミュニケーション能力など急速に変化する社会を生きるために必要な力を育むことを目指しています。

・小学生から高校生までの子どもたちへの学習支援を実施

安心して過ごせる、心温まる居場所を届ける

地域の子どもたちが自由に来れる、学校でも家でもない「第3の居場所」づくりに取り組んでいます。食事を一緒に作って食べたり、学習や遊びを一緒にしたりできる居場所を作っています。

居場所づくりでは、子ども同士はもちろん、子どもとおとな、大人同士で心温まれる場を目指しています。

・地域の子どもが来れる居場所を2箇所で開催

様々な体験や経験する機会を届ける

自然や科学、文化、ものづくりなど子どもたちに様々な体験や経験をすることができる機会を届け、これからの社会を生きるために必要な力や自己肯定感を育むことを目指しています。

・ものづくりや理科実験などのイベントを開催

子どもたちとオンラインでつながる

子どもたちがよく利用しているLINEを使って、学習や進学・進路、学校、生活などの身近な悩み相談を行っています。ふとしたときに相談できるような状態を目指しています。

・94件の相談を受付(2020年5〜12月)

情報を発信して広める、知ってもらう

子どもたちを取り巻く環境や問題について、多くの方に知ってもらうための情報発信を行っています。講演などでは、単に問題について知るだけではなく、その後、自分に何ができるのかを考えてもらうことを目指しています。

・神戸市立の高等学校での授業実施(2019年)
・高校生向けのボランティア講座実施

 

result

子どもたちが笑って過ごせるように様々な活動を届けてきました

これまでに関わってきた子どもたちの人数

2016年度から学習支援や子ども食堂に取り組んできました。2019年度からは既存の活動に加えて、イベントの実施や子どもたちの現状を伝えるための情報発信、仲間を作るための啓発活動を、2020年度からはオンラインを利用した支援活動などに挑戦し、年間400名(延べ数)を超える子どもたちと関わってきました。

学習支援参加者の
中学校卒業後の進路

これまで団体が関わってきた子どもたち全員が中学校卒業後、高等学校に進学しています。

オンライン相談「Step Link」
相談者の推移

LINEを使って学習や生活、友達関係の悩みを相談する子どもたちの数は増えています。

私たちの活動は、最初5名の子どもたちへの学習支援から始まりました。

少しずつ活動の幅を広げていき、年々関わる子どもたちやその保護者の数は増えています。

子どもが笑って過ごせる地域、「夢」を諦めることのない未来に向けての取り組みが広がっています。

interview

私たちの活動に参加している子どもやサポートしているボランティアの声

自分のペースに合わせてサポートをしてくれました

[かがやき]に来てから家でも頑張れるようになったAくん

当時は学校に行きにくくなっており学習が遅れていたけど、[明石かがやき]に参加して、分かりやすく教えてもらえて、遅れていた部分の勉強を補うことができました。
それ以外にも、色々な人(チューター)と話すことができて毎週、楽しく過ごすことができました。これからも学習が追いつけるように頑張っていきたいです。

楽しい場所、楽しく勉強するためにまずは自分がよく笑うようにしています

ボランティア活動を通して自分の将来に目標をもてたBさん

高校1年生のときから[明石かがやき]に参加し、子どもたちが楽しいと感じ、楽しく勉強ができる場所となるように、まずは自分がよく笑うようにしていました。
「素直でかわいくて、よく笑っている」子どもたちと関わっていくなかで、さらに子どものことが好きになり、自分の将来に向けて目標を立てることができました。

donate

わたしたちの活動には、皆さまのご寄付が必要です。
〜あなたの寄付で出来ること〜

私たちは、皆さまからのご寄付を収入に活動を続けています。

子どもたちを取り巻く環境が複雑になっている今、

兵庫子ども支援団体の価値観に共感し共に将来に向けて歩みを進める人がいることは、

地域の子どもたちにとって大きな励みになります。

子どもたちが「夢」を諦めず、笑って過ごせる地域を私たちと一緒に実現する仲間になってください。

学びの場の提供

月1,000円のご支援で

小学生から高校生までの子ども1人に、個別の学習サポートを届けることができます。

心温まる場の提供

月5,000円のご支援で

調理や学習、遊びをすることができる居場所やオンラインを利用した相談活動を届けることができます。

体験機会の提供

月10,000円のご支援で

年1回、10人の子どもに宿泊を伴う自然・社会体験教育を届けることができます。

あなたも兵庫子ども支援団体の仲間になりませんか?

私たちは2018年8月に新たな活動拠点

「明石ひみつ基地〜おひさま〜」

をオープンさせました。

この活動拠点で、

学習支援や子ども食堂などの活動を中心に、

悩み相談や気軽に来れる居場所を

作っていきたいと考えています。

これからの地域社会を担う子どもたちの「未来」を応援するための支援です。

1日33円、

月1,000円のマンスリーサポーター50名

で実現できます。

皆さまからのお力をお貸しください。

voice

子どもが笑って過ごせる地域づくりの仲間になる

兵庫子ども支援団体へ寄付をすることにした理由をご紹介します。

私たちの活動は毎月定額を寄付してくださるサポーターからのご支援で成り立っています。

学習支援の様子を見させてもらった際に、子どもたちとチューターが仲良く、良い雰囲気の中で学習に励んでいました。
この環境のまま、より充実した活動を行えるように、少しばかりの金額ですが、寄付いたしました。

将来が明るい子ども、普通の人のように生活ができずに困っている子どもなど様々な子どもたちの役に立ちたいと思い、応援しました。
今を頑張る子どもたちが将来大きくなったら笑顔で、逆に人を助けられるような大人になれる事を心から願っております。

同じく子どもを支援する団体として、微力ながら協力させていただければと思い参加しました。
(M’sこどもプロジェクト 代表)

子どもの居場所作りや学習支援、あらゆる活動に子どもたちへの純粋な思いやりを感じます。
こんなに温かく、純粋な若者を応援したいと思いました。そして、この温かさに触れながら、子どもたちが成長する姿を見守っていきたいです。

return

わたしたちが目指す社会をつくる仲間になってくださったあなたへ渡すもの

最新の事業報告書とステッカーなどの送付

兵庫子ども支援団体の活動がわかる最新の活動報告書をお渡しします。また、ロゴステッカーもお送りしますので、PCやタブレット端末などに貼ってお使いください。

サポーター限定メールの配信

サポーター限定のメールマガジンを毎月1回配信いたします。メールマガジンでは、スタッフコラムや活動に参加する子どもの声などもお届けします。

サポーター限定Facebookグループへのご招待

Facebookのグループにご招待します。ホームページなどでは見られない活動写真や限定のライブ配信、活動報告などをご覧いただけます。

掲載メディア

  • 神戸新聞
  • 読売新聞
  • ミニコミあかし

活動実績を認めていただきました

  • 平成29年度あしたのまち・くらしづくり活動賞 振興奨励賞
  • 平成29年度あしたのまち・くらしづくり活動賞(兵庫県) 奨励賞
  • 第10回よみうり子育て応援団大賞 奨励賞

2021年2月1日付で、兵庫子ども支援団体は兵庫県の特例認定を受け「特例認定NPO法人」になりました。

特例認定NPO法人とは、活動内容が適正であるとして各自治体から認定をうけた団体のことを指します。

兵庫子ども支援団体へ寄付していただくと、約40%のお金が戻ってきます!

サポーターに入会する

金額ボタンを押すと決済サイトに移動します
(VISA/Master/JCB/ダイナースがご利用いただけます)

もし金額を迷われている方がいましたら、月3,000円の支援をご選択いただけたら幸いです。
また、10,000円以上の継続支援をしていただける方はこちらよりご連絡お願いいたします。

>>単発での寄付を行う

よくある質問

Q.寄付の引き落とし日はいつですか。

クレジットカード決済の場合、カード会社指定の引き落とし日になります。
ワンコインサポーターの場合、毎月1日になります。

Q.住所やカード番号、金額の変更、退会はできますか。

はい、できます。お問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。
なお、お引き落としの変更/停止時期については、お手続きしてからクレジットカードで最大1ヶ月かかる場合がございます。予めご了承ください。

Q.団体の会計報告は見れますか。

はい、見ることができます。こちらのページからご覧ください。これまでの会計報告や年次報告書(活動報告書)を掲載しています。

お申し込み規約

クレジットカード決済について

クレジットカードの情報(カード番号)は、決済代行会社(アナザーレーン株式会社)のシステムを通じて管理されており、兵庫子ども支援団体が保持することはありません。またデータの送信には「SSL (Secure Sockets Layer)」による暗号化通信技術を使用しています。入力された情報は送信される際に、このSSLによって暗号化されるため、第三者に個人情報が漏れることはございません。

個人情報について

当サイトは利用者の個人情報の保護を第一に考え運営しております。当サイトの寄付申し込みフォームからお送り頂いた個人情報は、兵庫子ども支援団体の個人情報保護規定(プライバシーポリシー)に従い、寄付関連業務の遂行及びこれに関するご連絡、当団体からのお知らせのためにのみ利用させていただきます。

特例認定特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体
〒673-0038 兵庫県明石市別所町8番11号
当法人へのお問い合わせはこちらのページから

1日33円からできる支援をはじめる
子どもたちの未来のために
1日33円からできる支援
子どもたちの未来のために
1日33円からできる支援をはじめる
子どもたちの未来のために
1日33円からできる支援
子どもたちの未来のために